英国BTHマグネトの輸入代行


(注)BTH製品の取り扱い(輸入代行)は、私が少々、疲れて来たので、しばらく中止します。ご了解ください。 2021年1月

Lucasマグネトの代替品・改良品として、信頼性や価格の点で優れている英国のBTH社のマグネトの輸入のお手伝いをします。BTH社の製品の種類、性能、取付方法などについては、BTH社の下記URLを参照してください。

 

http://www.bt-h.biz/index.asp?index.htm

 

BTH製品リスト

下表に製品リストを示します。外観については、上記のURLを見てください。

注:下表にあるMagdynoのMD1RまたはMD2Rを注文される場合、ギア側から見たときの回転方向(時計方向または反時計方向)をお知らせください。特にノートンの場合、年式によって回転方向がしょっちゅう変更されているようなので、要注意です。

BTH番号 該当するバイク 取付タイプ

価格 (ポンド)

2021.1.1 現在

FM1R シングル Velocette フランジ £520
FM1C シングル Vincent Comet フランジ £530
FM2R ツイン AJS フランジ £570
ARIEL
BSA
Matchless
Norton
Royal Enfield
Triumph
FM2RV ツイン Vincent V twin フランジ £580
K1F シングル 

Lucas K1F を実装している車種

回転は反時計回り

フランジ £600 
K2F ツイン Lucas K2F を実装している車種 フランジ £645
PM1R シングル BSA BシリーズやMatchlessのシングル プラットフォーム £520
PM1RC シングル PM1Rと同じだが、CDIを搭載 プラットフォーム £550
MD1R シングル Lucas Magdyno を実装している車種 ------ £675
MD2R  ツイン Lucas Magdyno を実装している車種 ------ £750

参考 K2Fに付属する部品

 

K2Fに関しては、特に質問が多いので右の写真を添付します。

CDIボックス、プラグコードの他に、写真には写っていませんが、”O"リング、タイミング・ロッドが付属します。

アクセサリー

BTH社では、ギアやHTコード・プラグやプレートなどのアクセサリーも扱っています。アクセサリーの種類や価格については、下記URLを参照してください。もちろん、アクセサリーの輸入代行もします。

 

http://www.bt-h.biz/accessories-12-c.asp


BTHマグネトーの輸入代行価格

次の代金の合計です。

① 上表の製品価格

② 航空運賃

保険付きの国際宅急便で£51。

③ 通関時の税金など

消費税、地方消費税、検査手数料、立替納税手数料などで①と②の合計の10%程度。

④ 当方の輸入代行手数料

約3,500円。

ポンドから円への換算は、決済日(インボイス発行日)の外国為替レート(買)を使います。したがいまして、購入時期により、最終的な価格は変動します。輸入代行を希望される方には、①~④までの明細書をBTHマグネトーに添付します。

価格の計算例:K2Fを輸入代行し、決済日のレートが£1 = 150円の場合

   (£645 + £51) x 150円 x 1.10 + 3,500円 = 118,340円

 

取付説明書

マグネトには、取付説明書(英語版と日本語版)が付属します。

 

輸入に要する日数

BTHへの注文から入手まで、約10日間です。

 

製品保証について

BTHの保証期間は、決済日(インボイス発行日)から2年です。保証書と保証条件については、製品に同封されます。

保証条件のひとつとして、英国以外からの送料は、購入者負担となっています。当方では、最初から保証期間内の修理や送料などを見込んで代行時の手数料(3,500円)をいただいているわけではありませんので、もし、修理が生じた場合、申し訳ありませんが、日本⇔英国の往復の送料負担(EMSの場合、片道¥6,000前後 往復¥12,000前後)、および修理費用の実費(故障原因が購入された側にある場合 故障原因がBTH側にある場合は無料)を購入者にお願いしたいと思います

 

アクセサリーの輸入代行

ギアやHTコード・プラグにていては、上記「BHTマグネトの輸入代行」よりも少ない航空運賃・手数料となります。しかし、多くの場合、BTHマグネトと一緒に購入される方がほとんどです。

 

参考:これまでの故障修理の実情(2020年9月20日記載)

2013年から現在(2020年9月)までの7年間、BTHから輸入代行した台数は84個です。この間、お客様から「故障ではないか、不良品ではないか」という趣旨のお言葉をいただいたのは6台です(もっとも、私に全然伝えていないケースもあるかもしれませんが)。その場合、故障の状況をお聞きし、それをBTHに伝えるとともに、現物をBTHに送り、検査してもらいました。BTHは、そのたびごとに誠実に対応し、ベンチ・テストをしてくれました。テストの様子を短時間ではありますがビデオ撮影し、それを送ってもくれます。そして、毎回、故障や不具合は見当たらないという結果でした。

そもそも、BTHは注文があると1個1個、2時間のベンチ・テストをしたうえで出荷しています。品質には自信を持っているようです。しかしそれでも、購入者側から見れば、BTHマグネトは故障しているように思えることもあるでしょう。(誤解のないように付け加えますが、絶対に初期故障はない、と断言しているわけではありません)

私が、6台のマグネトをBTHに送ってテストしてもらった際、BTHは考えられる故障原因を、毎回、付記してくれます。それを要約すると、次のようになります。

・ギアライン、チェーンラインの滑り(スリップ)

・ガスタンク→フィルター→キャブレターのラインの詰まり

・エアフィルターの目詰まり

・バッテリーの充電不足

・CDIのパンク(プラグを外して空キックを何度かした場合、何らかの原因でパンクさせてしまう)

・点火時期のずれ

・圧縮工程ではなく、排気工程で点火時期を調整していないか

・無抵抗タイプではなく抵抗タイプのプラグを使っていないか?

・(FM1Rの)茶線と青線の端子間抵抗は約0.4Ωあるか? またこれらの端子とプラグキャップの抵抗は約2.91KΩあるか

・HTケーブルを結束していないか? ケーブル間に1/4インチ(約6.4mm)のギャップを空け、接触させない。

・MD1Rのストラップを強く締め付けていないか? なぜなら、クラッチの過度な摩耗を招くので。

なお、以下の「よくある質問」のQ9、Q13、Q16も参考にしてください。

 

よくある質問

以下に、BTH社のHPに記載されているFQAから、BTH社の許可を得て、和訳して掲載します。

Q1 BTHマグネトは6V用ですか、それとも12V用ですか?
回答:どちらでもありません。BTHマグネトは、自ら発電しますので、バッテリーや照明回路に無関係です。

Q2 私のバイクはとても古いのですが、それでもBTHマクネトは使えますか?

回答:そのバイクに元々、LucasやBTHのマグネトが付いているのでしたら、もちろん、当社のマグネトは使えます。
Q3 マグネトのポイント・ギャップはいくらですか?
回答:BTHマグネトは、メカニカルなコンタクト・ブレーカ・ポイントをもっていません。電子的に点火されますので、ポイント・ギャップの調整は不要です。
Q4 私は、ポイント・ギャップをいろいろと調整し、手の入りにくい狭いところにタバコの包装紙を挟んだりしながら、点火時期を何時間もかけて探し出すのが好きです。もしBTHマグネトを取り付けたら、私はいったい何をすればいいのですか?
回答:何もすることはありません。その分、バイクにたくさん乗ってください。
Q5 BTHマグネトに手動進角レバーを取り付けることができますか?
回答:単純に言えばノーです。BTHマグネトは、自動で作動し、アナログ式で、非プログラム・タイプの電子的に動作する自動進角が組み込まれています。点火時期を電子的に自動探知し、それにあわせて点火する仕組みも内蔵していますので、自動進角装置も不要です。

Q6 新しいマグネトの入手をどれくらい待たなければなりませんか?

回答:注文をいただければ、数日のうちにお送りします。
Q7 BTHマグネトを自分で簡単に取付できますか?
回答:古いマグネトを外したり、取り付けたり、点火時期を調整した経験があるのでしたら、簡単にBTHマグネトを取り付けできます。
Q8 キャブレターの設定を変える必要がありますか?
回答:古いバイクでは、摩耗したキャブ部品や失火しがちなマグネトでも走れるように、キャブレターはガスが濃い傾向にセッティングされていることがあります。それに対し、BTHマグネトは、ガスの消費を少なくするため、古いバイクより薄い混合気でも走れるようになっています。そのため、もし新品のキャブレターを取り付けるならば、新品だからといってそのままでOKと考えない方がよいです。ジェット類の交換・調整が必要になるかもしれません。
Q9 BTHマグネトを取り付ければ、すべてのトラブルから解放されますか?
回答:イエスと言いたいところですが、現実にはいろいろな原因でトラブルは起きます。BTHマグネトを正しく取り付ければ、点火にかかわるトラブルはなくなりますが、BTHマグネトが解決できない、例えば、次のような問題もあります。
  タペットやプッシュ・ロットの調整   キャブレターの不適切なジェット類

  2気筒で左右異なる長さのニードル   タンク内のガソリン不足

  シリンダーへの誤った配線など
Q10 BTHマグネトに抑圧型プラグ・キャップ (suppressed plug cap) を使えますか?
回答:5オームの抑圧型プラグ・キャップなら使えます。しかし、BTHマグネトに同梱されているリード線やプラグ・キャップを使うことを、強くお勧めします。

訳者注:他の Q & A で、こうも書いてありました。「抑圧型プラグを使ってはいけません。抑圧型プラグや"R"表示のあるプラグは、高い抵抗値を持っているので、CDIユニットを損傷してしまいます」

Q11 コイルの本体をアースする必要がありますか?

回答:コイル本体をアースする必要はありません。というのは、コイルのスペード端子に接続された2本のリード線が、連続性を担うからです(supply continuity)。
Q12 タイミング・ペグ (timing peg)の利点は何ですか?
回答:タイミング・ペグは、マグネトの取付時、正しく十分に進角した正しい点火位置にマグネトを固定するので、より正確な静的タイミングを可能にします。ストロボを使ってタイミングを確認するときは(必ずしも必要なことではありませんが)、正確に行ってください。
Q13 スパークしません。何をチェックすればいいですか?
回答:U字型端子がコイル端子にしっかりと差し込まれていること、そして高圧リード線が高圧コイルから外れていないことを確認してみてください。高圧リード線はコイル内のU字型端子にしっかりと差し込まれている必要があり、もし緩んでいるようでしたら、シリコン・シーラントまたは接着剤をひと塗りして固定してください。失火は、リード線の部分的な接続不良のサインです。
Q14 スパークが弱々しく、BHTマグネトの何かが悪いような気がするのですが?
回答:BTHマグネトからのスパークは、よりよい性能を引き出すために非常に高圧なので、弱々しく見えます。特に明るい昼間では、プラグ・ギャップに飛び散るスパークを見ることは困難です。
Q15 スパークが十分かどうか、どうすれば確認できますか?
回答:スパーク・プラグをシリンダー・ヘッドから取り外し、プラグ・キャップに戻します。できれば暗いところでエンジンをキックさせ、スパークが出るかどうか確認してください。このとき、感電しないように十分注意してください。
Q16 点火側はOKのようなのですが、バイクはスタートしません。
回答:他の箇所を調べてみてください。タンクにガスは十分ありますか? ガスは古くはありませんか? 最近のガスは、使わないまま数週間そのままにしていると、揮発成分がなくなります。新しいガスで試してください。もし、レストアしたばかりのバイクなら、バルブ・タイミング、バルブ・クリアランス、キャブレター、バッテリー容量、イグニッション・コイルなどを調べてみてください。
Q17 小さな高圧リード線をフレームやエンジンにアースする必要がありますか?
回答:不要です。高圧コイルの端子の一つがアースされています。
注:もしBTHマグネトがエンジンに直接、ボルトで固定されていなければ、アースを取る必要があります。例えば、ARIELシングル用のplatform型BTHマグネトーは、分離したプレートに固定されます。また厚い塗膜があると、BTHマグネトとエンジンを絶縁してしまいます。このような場合には、マグネトの固定ボルトとエンジンの適当なところにアース線をつけてください。
Q18 VincentにBTHマグネトを使う場合、クランクケースに手を加える必要がありますか?
回答:初期型エンジンの場合、砂型鋳物なので厚いです。その場合、BTHマグネトを取り付ける付近を削り取る必要があるかもしれません。
Q19 BSA M20に使うため、MD1Rを購入しました。M20は、ギアの回転方向が反時計方向です。しかし、届いたMD1Rのケースに表示されている矢印を見ると、時計方向になっています。間違った回転方向のMD1Rが届いたのでしょうか?
   下写真の左側 : BSA M20の元々のマグダイノ。矢印は←方向(反時計方向)になっている。
   下写真の右側 : 届いたMD1R。矢印は→方向(時計方向)になっている。

 回答:現在のBTHから出荷されているMD1Rのケースの矢印は、注文時の回転方向が時計方向・反時計方向に関係なく、すべて→方向になっています。これは、2種類のケースの型を作るとコストがかかり、それが結局は購入者の負担となるので、→方向の型だけ作ったからです。ケースの矢印に関係なく、注文時に時計方向と指示すれば時計方向、反時計方向と指示すれば反時計方向と中身はなっています。